読書

スポンサーリンク

【感想】スクウェア公式 ゼノギアス設定資料集 著者:スクウェア・エニックス

どうも、Averageです。 前からずっと欲しかった「ゼノギアス設定資料集」を購入して読み終えました! 一時期、廃刊になりプレミアム価格(10,000円以上!!)のままだったのですが、復刊ドットコムによって復刊され多少安く購入す

【感想】聲の形 著者:大今良時

どうも、Averageです。 このマンガがすごい!2015のオトコ編で1位に選ばれた作品である『聲の形』を読み終えました。 kindle版 書籍 kindleで一気に読んでしまいました。 耳の聞こえない

【感想】レベルE上・下 著者:冨樫義博

どうも、Averageです。 最近、Kindleを買ってから色々と本をたくさん買ってしまうようになってしまいました。 特に、マンガを買う頻度が多くなってきましたね。 簡単に買えて、すぐに読めるので本当にKindle便利です

【感想】日本男児 著者:長友佑都

どうも、Averageです。 著者:長友佑都さんが書いている『日本男児』を読了したので、簡単に感想をば。 サッカー日本代表として今年のワールドカップに出場、また海外のビッグクラブであるインテルでも活躍している長友佑都さん

【感想】教養としてのプログラミング講座 著者:清水亮

どうも、Averageです。 著者:清水亮さんが書いている『教養としてのプログラミング講座』を読了したので、簡単に感想をば。 仕事として、プログラミングに触れる機会が圧倒的に多いので、気になって購入してみました。

3秒でハッピーになる名言セラピー 著者:ひすいこたろう

どうも、Averageです。 ひすいこたろうさんが書いている『3秒でハッピーになる名言セラピー』を読み終えたので、簡単に感想をば。 実は私は名言とか格言が好きで、よくその手のサイトなどで名言を読んだりしています。

【感想】僕の仕事はYouTube 著者:HIKAKIN

どうも、Averageです。 最近、話題のこの方"HIKAKIN"さんが出した本、『僕の仕事はYouTube』を読了したので、簡単に感想をば。 ネットなどをよく見ている方、特にYouTubeをよく見ている方は知っている人

久々に新しい漫画を購入。テラフォーマーズ1〜9巻

どうも、Averageです。 ここ最近、漫画はハンターハンターぐらいしか買っていなかったのですが、久しぶりに興味のある漫画を見つけてまとめて購入しちゃいました。 その漫画は「テラフォーマーズ」! ずっと気になってい

【感想】ビブリア古書堂の事件手帖5 著者:三上延

どうも、Averageです。 『ビブリア古書堂の事件手帖5 〜栞子さんと繋がりの時〜』を読み終えましたので、簡単に感想を。 今巻の見所は主人公とヒロインである栞子さんとの恋仲が発展するのかしないのか? という恋話系が中

【感想】日本人の知らない日本語4:海外編 著者:蛇蔵&海野凪子

どうも、Averageです。 日本人の知らない日本語4を読み終えたので簡単に感想を。 前作の1〜3とは異なり、今作は海外編というタイトルが付いている通り、海外で日本語を勉強している人たちのエピソードです。 相変わら

【感想】楽園島からの脱出1・2 著者:土橋真二郎

どうも、Averageです。 私が好きな著者:土橋真二郎さんの作品、「楽園島からの脱出1・2」を読み終えたので簡単に感想を。 土橋さんの作品はゲーム小説ということで、ゲームというルールの中で人間がプレイヤーとしてゲームの

【感想】世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力 著者:梅原大吾

どうも、Averageです。 久々に本の感想でも書いてみたいと思います。 日本で初めての、かつギネス記録保持者のプロ・ゲーマーの梅原大吾さんが書いた本「世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力」を読み終えました。

【感想】個性を収入に変える生き方 ブログ飯 著者:染谷昌利

どうも、Averageです。 「個性を収入に変える生き方 ブログ飯」を読み終えたので、簡単に感想を。 タイトルの通り、ブログでご飯を食べている(収益を上げている)人が書いた本です。 妻一人小一人(+猫一匹)を養って

【感想】自分も気をつけないと・・・ 自分でやった方が早い病 著者:小倉 広

どうも、Averageです。 ずっと気になっていた本で、ようやく読み終えました。「自分でやった方が早い病」を読み終えたので、簡単に感想を。 タイトルの通り、仕事をするうえで人に頼むよりも自分でやった方が早いことって案外、

【感想】こんな部活動はどうかと・・・ キケン 著者:有川 浩

どうも、Averageです。 ”図書館戦争シリーズ”で有名な有川浩さんの著書「キケン」を読み終えたので、簡単に感想を。 キケンというのは、”危険”と”成南電気工科大学機械制御研究部”の2つを掛け合わせた内容のタイトルとな
スポンサーリンク