【ネタ】10000時間の法則について

どうも、Averageです。

サッカー

天才と言われた人たちは陰ながら努力をしているものですが、その人達が費やした努力の時間はおよそ10000時間と言われているそうです。

この10000時間の法則を発見(というか提唱?)したのは、マルコム・グラドウェル氏らしいですけども、10000時間って実際どれだけの時間なのか?
こういう数字が出ると思わず計算せずにはいられないAverageがちょっくら計算してみました。

1日=24時間換算

まあ、ありえないのですが、ひとつの分野に1日=24時間割り当てて見た時の計算です。
10000 / 24 = 416.67日
416.67 / 365 = 1.14年

ざっと、計算してみたら1年1ヶ月半で達成できるようです。
まあ、その前に死んでしまいますけども。

1日=8時間換算

少し現実的な時間ですね。一日の労働時間で算出してみましょう。
特に専門職の方でしたら、8時間まるまるその仕事をしている可能性もあると思いますし。

10000 / 8 = 1250日
1250 / 365 = 3.42年

ざっと計算してみたら約4年5ヶ月で達成できるようですね。
石の上にも三年ではなく、約5年ぐらいは頑張らないとその道のプロフェショナルにはなれないようですね。

1日=1時間換算

では、趣味というか軽い習慣としてやってみた場合はどれぐらいの時間がかかるんでしょうか。

10000 / 1 = 10000日
10000 / 365 = 27.4年

ざっと計算してみたら約27年5ヶ月かかるそうです。
一日1時間程度ですと、その道のプロフェショナルにはかなりの道のりがかかるようですね。

逆に何年以内にその道のプロになれるのかを計算してみました。

3年以内にプロになる

365 * 3 = 1095
10000 / 1095 = 9.13時間

一日、平均9.13時間の練習、あるいは努力が必要になるようですね。

5年以内にプロになる

365 * 5 = 1825
10000 / 1825 = 5.48時間

一日、平均5.48時間の練習、あるいは努力が必要になるようですね。

10年以内にプロになる

365 * 10 = 3650
10000 / 3650 = 2.74時間

一日、平均2.74時間の練習、あるいは努力が必要になるようですね。

とまあ、こういう感じになるようです。
自分が実際になりたい姿、なりたいことを決め、いつまでになるかを決定したら、この時間を目安に頑張って夢や目標に向かって頑張ってください。

私も頑張って自分の夢を叶えるためにこの指標を目安にしたいと思います。

最後に努力に関する名言をいくつか貼っておきたいと思います。
努力することは大変なことですが、この名言を見て継続していきましょう。

努力の名言

「一体どれだけ努力すればよいか」という人があるが、 「君は人生を何だと思うか」と反問したい。努力して創造していく間こそ人生なのである。—御木徳近

努力した者が全て報われるとは限らん。 しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!—はじめの一歩

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る—井上靖

続けることは難しいが続けたことが自信につながる—小山進

「努力してます」と練習を売り物にする選手は、一流とはいえない。—長嶋茂雄

偉業を達成した男たちは、突然の跳躍でその高みに達したわけではない。仲間が眠っている間に、懸命に上を目指して努力した結果である。—ヘンリー・ワズワース・ロングフェロー

スポンサーリンク

シェアする

フォローする