iPhone5でテザリングしてiPadでネットサーフィンをしよう

どうも、Averageです。

iPadを出先で使おうと思っていても、インターネットに接続できないことって結構多いですよね。
※iPad Wi-Fiモデル対象。

そこでiPhone5またはiPhone 5S,5cを持っていればテザリングという機能を使ってiPadでインターネットを繋ぐことが出来るようになります。

やり方は簡単。それぞれiPhone側の設定とiPad側の設定が必要になりますが手順はわずかです。

iPhone側の設定

1.「設定」アプリをタッチします。

iPhone設定タッチ

2.「インターネット共有」をタッチします。

インターネット共有タッチ

3.「インターネット共有」のスイッチをONにします。
下の”Wi-Fi”のパスワードは後で使うので、メモを取るなりして覚えておいてください。

インターネット共有ON

4.iPhone側の設定は以上です。下記の画像のようにスイッチの部分が緑色になっていたらテザリング機能がONになっています。

テザリング機能ON

iPad側の設定

1.「設定」アプリをタッチします。

設定をタッチ

2.”Wi-Fi”をタッチします。

Wi-Fiをタッチ

3.先ほどテザリングしておいた自分のiPhoneをタッチします。

iPhoneをタッチ

4.パスワードを聞かれるので、iPhone側の設定3のWi-Fiパスワードを入力します。

パスワードを入力

5.接続が完了したら左上の方にクリップが2つ重なったようなマークが表示されます。この状態で接続が完了です。

接続完了

iPhone側では、下記の画面になっていたらOKです。

インターネット共有接続中

この状態でiPadもインターネットに接続できます。

インターネットに接続できた

テザリングを切る・終了する

テザリングを切る、または終了するときはiPhone側のインターネット共有をOFFにすると自動でiPad側のネット接続も切れます。

iPhone側のインターネット共有のOFFの仕方は上記のiPhone側の設定と同じやり方でできます。最後のスイッチ部分をONにするかOFFにするかの違いになります。

テザリングを有効活用して、快適なネットライフを満喫してくださいね。