MacでWordやExcelのファイルをPDFにする方法

どうも、Averageです。

MacでWordやExcelなどのファイルを作成して、メールなどで送信することってよくあると思います。
ですが、みんなみんなMacの環境でもないですし、WordやExcelのバージョンが異なることもあります。

そんなときに便利なのがPDFファイルです。
PDFファイルですと、OS間に依存されることなくファイルの閲覧が可能になります。
※編集はできなくなる(正確にはできますが、ものすごく面倒になります)ので、その辺はトレードオフで。

Macではソフトを使用しなくても、標準で書類ファイルなどをPDFに変換してくれます。

そのやり方を今回はご紹介。

やり方はとても簡単です。

  1. PDFにしたいWordやExcelファイルを開く
  2. command⌘+Pキーを押す(または、ファイル→印刷orプリントを選択)
  3. 「PDF」を選択→「PDFとして保存」をクリック。
    PDFに変換
  4. ファイル名と保存場所を決定して、保存をクリックします。

以上で、PDFファイルにできます。

Macでは他にもWebページの印刷時にPDFファイルとして保存できます。

基本的に、印刷時にプリンタではなくPDFファイルに設定を変更することによって保存できるので、覚えておくと色々と便利ですよ。

スポンサーリンク

フォローする