Macのよく使うショートカットキー一覧

どうも、Averageです。

Macショートカット

パソコンを使っていくうえで使えるようになるととても便利なショートカットキー。

いろいろな種類があったり、アプリケーションによって使えるものや使い方が変わるものもありますが、ここではMacで汎用的に使えるものを紹介。

使いこなせるようになるとパソコンライフがより快適になりますので、ぜひお試しください。

ショートカットキー一覧

⌘(command)+s 上書き保存
⌘(command)+Shift+s 名前をつけて保存
⌘(command)+a 全選択(ファイルなどを一括で選択できる)
⌘(command)+w ウィンドウを閉じる
⌘(command)+q アプリケーションを終了する
⌘(command)+z 一つ前に戻る
⌘(command)+Shift+z 一つ次に戻る
⌘(command)+x 切り取り
⌘(command)+c コピー
⌘(command)+v ペースト/貼り付け
⌘(command)+o ファイルを開く
⌘(command)+p プリント/印刷
⌘(command)+n 新規ファイルを作成/新規ウィンドウを開く
⌘(command)+t 新規タブを作成(ブラウザでよく使う)
⌘(command)+delete Finderで選択しているファイルを削除


上記の項目はよく使うことになると思いますので、覚えておくと便利ですよ。

マウスで操作する必要性が減りますので時間短縮にもなります。
是非、活用して快適なパソコンライフを満喫してください。