ゼノブレイドクロス同梱版Wii Uをプレゼントされました!

どうも、Averageです。

先日発売されたゼノブレイドクロス同梱版Wii Uですが、友達からプレゼントでいただきました!

特に誕生日というわけでも、祝い事があったわけでもないのですがプレゼントされました。
(友達いわく、よく一緒にご飯を食べに行ったときに私が奢るのでお返しのようです)

何はともあれとてもありがたいです!

開封の儀

Wii U本体と付属品

Wii U表面の箱と付属品。
専用の箱イラストでいい感じ。

Wii U本体箱裏面

本体の箱裏面。

箱開封

箱を開封するとダンボールが2つ。

ダンボール1つめの中身

ダンボール一つ目の中身。
ソフトやケーブル関連が入っています。

ダンボール2つめの中身

ダンボール二つ目の中身。
どうやら本体とGamePad(コントローラー)が入っているっぽい。

ダンボール一つ目の中身詳細

ダンボール一つ目の中身の詳細です。

ソフト(ゼノブレイドクロス)、取扱説明書、1,000円分プリペイドカード、ゼノブレイドクロスアートブック、ゼノブレイドクロスのマップ、Wii U本体電源ケーブル、GamePad充電用ケーブル、HDMIケーブル、GamePad充電スタンド、GamePadプレイスタンド、Wii U本体縦置きスタンド

が入っています。
結構色々と入っています。

Wii U本体 黒

続いて、ダンボール二つ目の中身の詳細。
包装されていたものの一つはWii U本体。
色は黒です。

思っていたよりも薄くて軽いです。
ただかなり縦長なデザイン。

Wii U本体前面

Wii U本体前面。
電源ボタン、ディスクトレイ、イジェクトボタン、シンクボタンがあります。
カバーを開けるとSDカードスロットとUSB端子が2つあります。

Wii U本体裏面

Wii U本体裏面。
各種差込口(電源、HDMI、センサーバー、Wii用映像出力ケーブル)とUSB端子が2つあります。

GamePad本体

続いて2つ目の包装をはがすと、GamePad本体。
こちらも色は黒。結構テカリがすごい

持ってみた感想は「軽い」です。
iPadとかよりも全然軽いので長時間ゲームしていても疲れなさそう。

GamePad裏面

GamePad裏面。
最初にWii Uと接続するときにこのGamePadと同期させないといけないのですが、この裏面にあるシンクボタン(sync)が爪楊枝など先っぽが細いものがないと押せないので注意です。

本体設置

本体とGamePadを設置。
GamePadの充電する場所をどうするか今後検討しないといけませんね。
意外と場所を取って邪魔になります。

ゲームの設置箇所全体像

うちのゲームスペースの全体像はこんな感じ。
あとはPS4が来れば全機種揃いますな。

Wii U起動した時の画面

Wii Uを起動してみた。
この後は手順にそって色々と設定していきます。

GamePadの画面

GamePad側の画面。
TVの画面を見ればいいのか、GamePadの画面を見ればいいのか一瞬悩みそうな感じ。
この辺はゲームによって違うんでしょうね。

Miiを作成した時の画面

最後にMiiの作成画面。
こんな感じで作りました。

ニックネームは相変わらずのAverageで。
ただ、ニンテンドーネットワークIDはAverageが使えなかったので、Twitterと同じ「Average360」で登録しました。


まだ肝心のゲームをプレイしていないので、なんとも言えないのですがやっぱし新機種を触るのはワクワクしますね。

5月末にはスプラトゥーンも発売されますし(これが本命)、やりたかったベヨネッタ2も本体を購入したのでプレイできそうです。
一応Wiiのゲームも出来るそうなので、ラストストーリーや前作のゼノブレイドに触れてみようと思います。
時間を作らねば・・・。