ウェブマスターツールでエラーがいっぱい!author対策をしておいた

どうも、Averageです。

久々に自分のブログのウェブマスターツールを確認したら、構造化データの部分でエラーがたくさん!!

ウェブマスターツールエラー画面

全部で325個もエラーが出ていて何事!?

こんだけエラーが出ていた割にトップ画面では特に何も表示されていないため、確認しておいたほうがいいかもしれません。

ウェブマスターツールのTOP画面

どんなエラーが出ているのか確認してみると、「authorがありません」とのこと。

authorがありません

Googleで検索してみると、WordPressを使っている方はこのエラーが表示される可能性があるみたいです。

この他にも、「entry-titleがありません」「updatedがありません」のエラーが表示される可能性があるみたいですが、私の場合はこれらのエラーはありませんでした。

どうやら使っているテーマなどによってこの辺のエラー表示が変わるみたいです。

私が行った対処方法

どうやらこの「authorがありません」は投稿者の情報が表示されていないと出てくるもののようです。
HTMLにClass名を追記したりして対応することが多いようですね。

対処方法は色々な方法が既にWeb上にありますが、私が行った方法はとても簡単でした。
といってもこの方法はWordPressのテーマで「Simplicity1.6.0」を使っている場合に限ります。

※Simplicity1.6.0には既にコード内で必要な機能が実装されていたので、コードを特にいじる必要はなさそうです。

  1. まずは自分のWordPressにログインします。
  2. 「管理メニュー」→「カスタマイズ」をクリックします。
    管理メニュー→カスタマイズ
  3. 「レイアウト(投稿・固定ページ)」をクリックします。
    レイアウト(投稿・固定ページ)をクリック
  4. 「投稿者情報の表示」にチェックを入れる。
    「投稿者情報の表示」にチェック
  5. 個別記事に投稿者の名前が表示されていればOK
    投稿者情報が表示

これでしばらく様子を見てみます。

参考にした記事

こちらのサイトを参考にさせていただきました。
https://www.polyglotconspiracy.net/?p=5705

スポンサーリンク

シェアする

フォローする