剣の街の異邦人プレイ日記9:勝てないから寄り道する

どうも、Averageです。

前回の記事はこちらから。

剣の街の異邦人プレイ日記8:そりゃあ卑怯じゃない?

前回、地下市街で「デスドラゴン」と「ラミッタ」との同時決戦の戦いに勝てず。
あれから何度か再挑戦したのですがどうしても勝てなかったので、寄り道してレベル上げと純血晶集めを兼ねようと思い、「灼熱の廟」に再チャレンジ。

結構な数の血統種を狩りそこねているので、ガッツリと狩っていきますよ。

血統種出現 ヘブンスレギオン

まずは「ヘブンスレギオン」

このダンジョンに出てくる「ニンジャヘッド」「ウィザードヘッド」「クレリックヘッド」が合体したやつ。
3体合体している分、1ターンで3回行動してくる厄介な敵です。

周りに他のニンジャヘッドとかの雑魚も要るので意外と手強いです。
「不死タイプ」なので、クレリックのホーリーウェポンを使ってダメージを与えれるようにしつつ、ホーリーライトで援護。ナイトは鉄壁の守りで味方を庇いつつ、火力で押し切りました。

血統種出現 ヘルズレギオン

次は「ヘルズレギオン」

先ほどのヘブンスレギオンの攻撃タイプみたいなやつです。
こちらもお供がいて結構厄介です。

ただ、攻略法はヘブンスレギオンと同じ方法で何とかなりました。

カロン

次は、こいつ・・・ではなく、こいつがカスタマイズしたロボット(?)が血統種になってしまったのでそいつと戦うことに。
※こいつの名前は「カロン」と言うらしい。

血統種出現 ブラックバロン

「ブラックバロン」というロボット。
元はメデル商会が作ったロボットらしいけど、暴走して手をこまねいているとか。

ゾンビワーカーと一緒に出てきて、しかも数ターン毎に呼び出してくるのでゾンビワーカーを効率よく倒せないと長期戦に。

私が倒した方法は、神気スキル「聖なる光」で体力を回復させつつ、ナイトは「鉄壁の守り」で盾になりつつ、サムライとウィザードの魔法で一気に攻めきりました。

このブラックバロンを倒すと、「不死鳥の兄弟団」というクエストが先に進みます。

騎士の姿

薬の売買がこの兄弟団のアジトで行われていたみたいで、その輸送団の方々が。
うん・・・どこかで見たことのある格好ですよね・・・。

で、どうやらその予感は的中したようで兄弟団の連中に不審がられバトルに。
輸送団の騎士の方は逃げていくのですが、そこにアンナが追いかけて行くことに。

不死鳥の兄弟団

このバトルはその辺にいる雑魚敵と同じ敵が出てくるので、血統種を倒せるレベルでした無問題。

レイン登場

兄弟団を撃破したらいつの間にかレインが。
アンナもやられてしまってダウン中。

この後、めちゃくちゃ怒られて(商売の邪魔をするんじゃねえとのこと)、しかも脅しもくらうという。
(この件に首を突っ込んだやつはみんな死んだ的な)

うーん・・・。
騎士団もメデル商会も裏で色々と繋がっていたりするみたいだね。
一枚岩ではないみたい。

とりあえず血統種を狩った功績を買われて(?)今回は見逃してもらえました。

アンナ療養中

ギルドに戻るとアンナがベッドで療養中。生命点を回復しないといけないとのこと。
一応その辺の設定はプレイヤーと共通なんだね。

今回の件を引き続き主人公たちに追いかけて欲しいとのこと。
もちろん、気になるから追いかけるんだけどね。

ヘルガ

王宮に行くとヘルガさんが。
何やら言い訳(?)みたいなことを言われ、真実は必ず話すとのこと。
やっぱし騎士団と商会には裏がありそう。

ファフニーグ

灼熱の廟に残っている最後の血統種「ファフニーグ」との戦いへ。

手配書では最高ランクの★5の敵なのですが、そこまで強くなかったです。

出現場所まで行くのが面倒なだけで強さ自体はそこまでです。
ナイトの防御力がそこそこあれば「鉄壁の守り」と「聖なる光」のコンビネーションで撃破可能です。

これで灼熱の廟に出てくる血統種は全て狩り終えて、レベルも上がったので次はいよいよ「デスドラゴン」&「ラミッタ」に再戦をしにいきます。

次の記事はこちらから。

剣の街の異邦人プレイ日記10:デスドラゴンに再挑戦!