【感想】日本男児 著者:長友佑都

どうも、Averageです。

日本男児

著者:長友佑都さんが書いている『日本男児』を読了したので、簡単に感想をば。

サッカー日本代表として今年のワールドカップに出場、また海外のビッグクラブであるインテルでも活躍している長友佑都さんの自伝であるこの『日本男児』。

世界で活躍するための苦労と苦悩、そしてその中でも勝ち続けるための精神や哲学について触れている一冊となっています。

今でこそ世界で活躍している長友選手(ここからは選手として記述)ですが、中学時代はサボり魔でサッカーにそこまで熱中していなかったそうです。

しかし、そこで恩師である井上博先生と出会い、サッカーへの情熱を取り戻していく下りは読んでいて胸が熱くなりました。
やはり人との出会いというのは人生において大きな影響を持っているんだなと改めて実感します。

そして、御多分にもれず長友選手もストイックな方です。
イチロー選手やダルビッシュ選手もそうらしいですが、やはり世界で活躍するほどの名プレイヤー選手になるためにはストイックにならないといけないのでしょうね。

本を読んでいて感じたのは、サッカーに対するとてつもなく熱い情熱と、ひたむきなまでに突き進む自分自身の成長。
世界のトップスターたちが集まっている場でプレイしていても、まだまだ突き進もうとするその精神力や哲学には感銘を受けました。

夢がある人や高い目標を持っている方はぜひ一読してみてください。