電子書籍(kindle化)されてない本って意外と多い

どうも、Averageです。

今回の記事はただの愚痴です。

Kindle本体表

kindleを購入してから、電子書籍を本当によく読むようになりました。

ぶっちゃけkindleを購入するまでは紙の本一択だったのですが、最近では電子書籍と紙の本とを購入する際は分けています。
電子書籍はビジネス書やマンガ、小説などを購入しています。
紙の本は技術書やまだ電子書籍化されてない本を購入しています。

この電子書籍化されてない本がネックでして・・・。
電子書籍化されるのに、販売されてからすごい時間がかかる作品もあったりとkindleで読みたい派としては辛いところです。
紙の本を電子書籍化してくれるサービスもありますが、できればその場ですぐにkindleで買って読みたいんですよね、自分としては。

Amazonがかなり頑張って電子書籍を普及させている方だと思いますが、やはりまだまだ紙の本のほうが強いなと実感します。私も紙の本の方が読みやすいのはわかりますしね。
ただ、紙の本はかさばるんですよね。部屋の場所も取るので、なるべく電子書籍で読みたいんです。
分厚い本は持ち運びにも苦労しますしね。
また、セールもやっていたり、紙の本よりも安く購入できるのも魅力のポイントです。

出版社や著者の兼ね合いもあるのでしょうが、なるべく電子書籍化して販売してくれるとすごく助かります。

スポンサーリンク

フォローする