【感想】ビブリア古書堂の事件手帖2 著者:三上延

どうも、Averageです。

ビブリア古書堂の事件手帖2

『ビブリア古書堂の事件手帖2 〜栞子さんと謎めく日常〜』を読み終えましたので、簡単に感想を。

今巻に出てくる書籍も私自身は何一つ知りませんでしたが、この本を読むと少しだけその本のことがわかって、興味をそそられますね。
本当にその本が読みたくなってきてしまいます。

前巻の記事でも同じようなことを書いた気がしますが、やはり文学少女に似た感じがどうしてもぬぐえないですね。
文学少女シリーズは大好きだったので、このビブリア古書堂も楽しく読めてはいるのですが。

今巻で一番驚いたというか、へえーと思ったのが足塚不二雄というのが、藤子不二雄のデビュー当時のペンネームだったということですね。最初から藤子不二雄だと思ってましたわw

細かい伏線も色々と貼られてきまして、今後の展開が少々気になってきましたね。

本にまつわるお話が好きな方は楽しく読める本だと思いますので、是非読んでみてくださいね。

ビブリア古書堂の事件手帖 2 栞子さんと謎めく日常 (メディアワークス文庫)

三上 延 アスキー・メディアワークス 2011-10-25
売り上げランキング : 69512

by ヨメレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする