剣の街の異邦人プレイ日記10:デスドラゴンに再挑戦!

どうも、Averageです。

前回の記事はこちらから。

剣の街の異邦人プレイ日記9:勝てないから寄り道する

前回で「灼熱の廟」で戦えるだけの血統種と戦い終え、レベルもそこそこ上がったので、「地下死街」のデスドラゴン&ラミッタへと再挑戦します!

とりあえず蜘蛛の「レインボー」をさっさと倒して、ラミッタとデスドラゴンとの戦闘へ。

ラミッタ  デスドラゴン

レベルをしっかりと上げておいたのと、レクイエムを使われる前にラミッタを撃破することが出来たおかげで無事に撃破!
ラミッタを集中攻撃できるように、武器はMiddleレンジ以上の武器を使って速攻で撃破しました。

ドランサーク

デスドラゴンを撃破するとドランサークとの会話。
何やら主人公である自分こそが器の者(リウ)を補佐すべきだとのこと。

ここでプライドが超高いキョウくんがお怒りに・・・。
しかし・・・

ドランサーク

ドランサークがこれまた厳しい一言。
このあとキョウくんが怒り心頭になったのは言うまでもなく・・・。

ギリウス

その後、ギルドに戻るとギリウスからキョウからの伝言ということで、「廃者の谷」に来いということで行くことに。

廃者の谷に行くといきなり攻撃を受け、HPの4分の1ぐらい減らされるという理不尽。

キョウ

するとそこにはキョウが・・・。

キョウ

何やらあのドラゴンの時の一件が相当気に入らなかったらしく、主人公を敵視して戦うことに。
プライド高い人を怒らせると怖いです・・・。完全に野郎の勘違いだけども。

キョウ戦

キョウ

一戦目はあっさりと負けてしまいました・・・。
キョウの攻撃力がすごく高いのとラッシュ系の攻撃をしてくるので、1ターンに複数回の攻撃をしてきます。
しかも、刀を使っているので致命効果(一撃死)で一撃で殺されることがありこれもきつかった・・・。

二戦目ではキョウを後列に立たせたまま、魔法や弓で集中砲火することに。
どうやらキョウは後列にいるときは攻撃ができないみたいなので、この状態を利用して二戦目で撃破しました。

そのため、雑魚は基本的に倒さずにまずは後列にいるキョウを倒すことを目標にすると簡単に攻略できますね。

リウ

倒すとリウが来て仲裁をしようとするのですが、キョウはそのまま狂ったまま消えていきます。

アンナ

ギルドに戻ってイベントへ。
アンナが言うように変なプライドがある奴は本当にめんどくさいことになりますな。

リウとアルム

その後、アルムが来てリウとマリリス、主人公らと一緒にパーティーをしようということに。
たまには気晴らしもいいんじゃないかということらしい。

でも、結局パーティーを開こうとする途中で異変が・・・。
異邦人ギルドが魔物に襲われてしまい、すぐに戻ることに。
しかしそこで・・・

アンナ

魔物と一人で戦っていたアンナが・・・。
アンナは個人的に割りと好きなキャラクターだっただけに、まさかこんな展開になるとは・・・。

なぜ魔物が急に襲ってきたのかはわからずじまいなのですが(怪しいのはメデル商会?)、これで一気に異邦人ギルドの異邦人は主人公とリウだけに・・・。

この辺から物語の展開が早くなってきたので、そろそろ中盤〜終盤に差し掛かっているところなのかな?
マリリスから「騎士団の法印」というアイテムを入手したので、これで湖の廟の奥に行くことができるようになるので、次は湖の廟の奥を目指していきます。