Windows 10のノートPCでバッテリー節約機能を使おう

どうも、Averageです。

最近買った、DellのNew XPS 13を家では基本的に使っているのですが、この機種はバッテリーのもちの良さもウリにしていますが、普通に使っているとそこまでバッテリーが持ちません。

そこでいい方法はないかなと思っていたら、簡単にできたのでシェアさせていただきます。
基本的にWindows10のノートPCだと可能だと思います。

バッテリー節約機能を使おう

Windows10では標準でバッテリー節約機能というものが用意されています。
この機能を使うことによってバッテリーの持ちが体感的に1.5倍~2倍ぐらいまで伸びました。
※使っているアプリなどによって実際には異なります

さて、このバッテリー節約機能ですが簡単に使うことができます。

今回は二通りの方法を紹介します。

方法1

  1. タスクバーから「バッテリー」をクリック
    タスクバーからバッテリーをクリック
  2. 「バッテリー節約機能」をクリック(青の状態になると機能がONになっています)
    バッテリー節約機能をクリック
  3. 以上で完了です。
    バッテリーマークに緑のマークが付いていればOKです。

方法2

  1. タスクバーから「アクションセンター」をクリック
    タスクバーからアクションセンターをクリック
  2. 「バッテリー節約機能」をクリック(青の状態になると機能がONになっています)
    バッテリー節約機能をクリック
  3. 以上で完了です。

バッテリー節約機能をOFFにするときは、この手順をもう一度行うことによってOFFにできます。その時はアイコンの色が灰色になっていればOKです。

また、電源を挿すと自動的にバッテリー節約機能がOFFになります。

これだけでバッテリーの持ちが良くなるので、バッテリーの持ちが悪く感じた時はぜひ活用してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする