【感想】ビブリア古書堂の事件手帖4 著者:三上延

どうも、Averageです。

ビブリア古書堂の事件手帖4

『ビブリア古書堂の事件手帖4 〜栞子さんと二つの顔〜』を読み終えましたので、簡単に感想を。

今巻では珍しく、一巻まるまる一人の著者の作品だけで構成されています。
その著者は江戸川乱歩。

私も名前を聞いたことはありますが、例のごとく本は読んだことがないです。

また、著者が一人だけなのもあるのでしょうが、今巻ではひとつの話だけで一巻まるまる使う構成になっています。
今までの伏線もここに来てグッと深まってきて、読んでいて面白かったです。

著者さんいわく、今で大体折り返し地点らしいので、あと4巻ほどはまだ楽しめそうです。

本にまつわるお話が好きな方は楽しく読める本だと思いますので、是非読んでみてくださいね。

ビブリア古書堂の事件手帖4 ~栞子さんと二つの顔~ (メディアワークス文庫)

三上 延 アスキー・メディアワークス 2013-02-22
売り上げランキング : 32322

by ヨメレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする