【Raspberry Pi3】NOOBSを使ってOSをインストールしてみた

どうも、Averageです。

前回購入したRaspberry Pi3(ラズベリーパイ)を使うために、OSのインストール作業をしてみました。
何故か最初うまく動かなかったのですが、原因が分かったのでその対処法も記載しておきます。

気になっていたRaspberry Pi(ラズベリーパイ)3を購入!

必要な機材

Raspberry Pi3を使うためには、以下の機材が必要になります。

  • USBキーボード
  • USBマウス
  • Wi-Fiネットワーク環境、または有線LANケーブル
  • HDMIケーブル
  • HDMI対応モニタ
  • microSD(8GB以上推奨)
  • SDカードアダプター(OSをインストールするためにパソコンで作業するために)
  • USB電源アダプタ(2.5A以上推奨)
  • microUSBケーブル

これらの機材を用意して、画像のようにRaspberry Piに接続します。
Raspberry Pi3に機器接続

OSインストール環境

Raspberry Pi3にOSをインストールする際に必要になるのが別のパソコンです。

今回私が使ったパソコンの環境は、

  • MacBook Pro 2015 15インチモデル
  • OS X El Capitan

です。

さて、このMacにSDカードを挿入してOSのインストール作業をしていきます。
microSDとSDカードアダプター

microSDのフォーマットに注意

今回、私がつまづいたポイントがこのmicroSDのフォーマットです。

Macの「ディスクユーティリティー」というアプリでフォーマットを行うのですが、このフォーマット形式を間違えるとRaspberry Pi3が起動してくれないため注意が必要です。

フォーマット形式は、

  • MS-DOS(FAT)
  • マスター・ブート・レコード

MS-DOSとマスターブートレコード

になっている必要があります。
私はこの形式になっていなかったため、Raspberry Pi3が起動してくれずに困っていました。
でも、上記の形式にしたことによって無事に起動することができました!

OSのダウンロード

Raspberry Pi3で使うOSをダウンロードします。
いくつかのバージョンがあるのですが、一番簡単に使えるのは「NOOBS」というOSです。
※NOOBSは正確にはOSではなく、OSのインストーラーになります。

https://www.raspberrypi.org/downloads/
上記のサイトから、「NOOBS」→「NOOBS LITEのDownload ZIP」をクリックしてダウンロードを開始します。

NOOBSをクリック

NOOBS Liteをダウンロード

ダウンロードを完了すると、zipファイルを解凍してできたファイルを全てmicroSDにコピーします。

microSDにデータをコピー

これで準備完了です。
続いて、このmicroSDをRaspberry Pi3に差しこんで起動します。
※電源ケーブルを挿すと自動的に起動します。

OSのインストール

機器の接続やmicroSDのデータに問題がなければ、下記のような画面が表示されます。
※私の場合は無線LANで運用するため、下記のような画面が表示されますが、有線LANの場合はこの画面が出ないと思います。

network error画面

「Close」をクリックして、自分が接続する無線LANの設定を行います。

Wi-Fi設定

無線LANの設定が完了すれば、どのOSをインストールするか聞かれます。
私は「RASPBIAN」を使う予定なので、それを選択してインストールします。

OS選択画面

後はひたすら待ちます。
ネットワーク環境に依存されますが30分〜1時間ぐらいはかかります。

インストール中

100%になればインストールが完了します。
インストールが完了すると自動的に再起動がかかり、Raspberry Pi3が無事に起動します。

Raspberry Pi3起動画面

こんな感じの画面が出てくればインストール&起動完了です。
お疲れ様でした!

この後は、日本語で文字化けしない設定を構築していきます。