【感想】ビブリア古書堂の事件手帖5 著者:三上延

どうも、Averageです。

ビブリア古書堂の事件手帖5

『ビブリア古書堂の事件手帖5 〜栞子さんと繋がりの時〜』を読み終えましたので、簡単に感想を。

今巻の見所は主人公とヒロインである栞子さんとの恋仲が発展するのかしないのか?
という恋話系が中心に据えられている内容になっています。

その恋が進展するのか破局するのか。カギを握っているのは栞子さんの母親。
答えはいつもどおり古書の中にあります。

今作の古書で印象的だったのは、手塚治虫ですかね。
超有名な漫画家ですし(何よりも豊中市生まれ)私も知っている作者なので、読んでいて色んな発見があって楽しかったです。

今までのキャラクターの伏線もどんどん回収されていき、物語も終盤に近づいてきました。
次巻以降がどのような展開になっていくのか、とても楽しみです。

kindle版

書籍