名刺サイズのコンピュータ Raspberry Piを購入しました

どうも、Averageです。

名刺サイズのコンピュータで、今話題のRaspberry Pi(ラズベリーパイ)を購入しました〜。

といっても、まだ購入だけして細かいことはできてないんですけどね・・・。

色々と面白いことができるみたいなので、これをきっかけに電子工作でもちょくちょくやっていきたいと思います。

さて、ハードウェアを購入すればやっている開封の儀をしたいと思います。

開封の儀

Raspberry Pi 袋

Raspberry Piが入っている箱です。
ケース付きの物を購入したので、上の白箱がケースで下の箱にRaspberry Piが入っています。

Raspberry Pi袋2

箱の表面?です。

Raspberry Piの箱

Raspberry Piの箱です。
さっそく開けたいと思います。

Raspberry Pi本体

これがRaspberry Pi本体です。
これだけだと大きさがわかりづらいのですが、本当に名刺サイズぐらいの大きさです。
この基板剥き出し感もいいですね〜。

ケース箱

こちらはケースの箱です。

Raspberry Piケース

これがケースです。
ちゃっかりとRaspberry Piのロゴ?マークが刻まれています。

Raspberry Pi完成

ケースと合体させた最終形がこちら。
ケースとRaspberry Pi本体のサイズがキチキチだったので、うまくハメるのに苦労しましたが、綺麗にハマってくれました。

これがコンピュータだと思えないぐらいほんとうに小さいですね〜。(携帯電話やスマホもコンピュータといえばコンピュータですが)

次は、実際にOSをインストールして起動させるところまでやってみたいと思います。

最終的には、サーバーにするかLEDでも搭載するか悩みどころですが、色々と弄っていきます。

コンピュータを弄るのが好きな人や、電子工作が好きな人はぜひ触ってみてくださいね。

あと、元々は子供向けの教育用のコンピュータなので、お子様に勉強がてら触らせてみるのもいいかもしれません。