【感想】世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力 著者:梅原大吾

どうも、Averageです。

勝ち続ける意志力

久々に本の感想でも書いてみたいと思います。

日本で初めての、かつギネス記録保持者のプロ・ゲーマーの梅原大吾さんが書いた本「世界一プロ・ゲーマーの「仕事術」勝ち続ける意志力」を読み終えました。

ゲーム(ここでいうゲームはテレビゲームを指す。ジャンルとしては格闘ゲーム)の世界大会に数多く出場し、毎回勝ち続けるための意志力とは何か?
常にゲームの世界でトップレベルの戦いを繰り広げてきた著者だからこそ書ける勝負哲学を学べる良書です。

梅原さんの語る勝ち続けることとは、常に自分自身を成長させ続けること。
この部分に集約されていると思います。

失敗しても今日よりも明日、自分が成長していること。
そのためにはセオリーをあえて破ってみたり、普段とは違うことをして見ることの大切さも書かれています。
変化を恐れず、小さな変化を積み重ねていく。その積み重ねが自分をもっと成長させてくれる。そしてその道は決して平坦ではなく、とても苦労する道です。
ですが、梅原さんは言っています。

楽な道はない・・・と。

もちろんそれで得られることもあります。ですが、それではある程度の強さは得られても勝ち続けることはできない。勝ち続けるためには常に変化を起こし、自分を成長させて行く必要がある。
もちろんただ闇雲に変化を起こすのではなく、常に考え続けることも大切。

考える力、考え抜く力もまた自分を成長させる。それが勝ち続けるために必要な下地になっているんですね。

何よりも驚いたのが、今ではギネス記録保持者のプロ・ゲーマーの梅原さんですが、一度、ゲームの世界から抜けだして、麻雀と介護の世界に行っているんですよね。

それでも、またもう一度ゲームの世界に戻ってきて日本人初のプロ・ゲーマーになる。

ここで、梅原さんの勝ち続けるための勝負哲学があったからこそ、彼はまたゲームの世界に戻れたんだなと本を読んでいて感じました。

一度挫折した道でも、そのために重ねた努力は決して無駄にならないことを教えていただきました。

主にゲームをたとえ話として持ち込んで書かれていますが、この本はビジネスや人生にも考え方が転用できる部分も多いので、ゲームだからといって敬遠している人ほど読んでみて欲しい一冊です。

最後に、梅原さんが世界的に有名になった試合の動画を貼って終わります。
この動画、いつ見ても鳥肌が経つぐらいすごい試合です。

こういった極致の場面でも揺るがない強さの秘密がこの本に書かれています。

kindle版

書籍