【感想】サラリーマン山崎シゲル 著者:田中光

どうも、Averageです。

気づけばkindle版がリリースされていた「サラリーマン 山崎シゲル」を読了したので、簡単に感想を。

サラリーマン 山崎シゲル

くだらない・・・けどそれがイイ!

この「サラリーマン 山崎シゲル」はサラリーマン山崎くん部長の二人のくだらない(褒め言葉)コミカルな掛け合いを楽しむ内容の本です。

基本的に一枚絵にちょっとしたコメントがある内容になっていて、一枚絵1枚で話は完結しています。
たまにTwitterなどで画像をご覧になったことがある方もいるかもしれません。

ギャグの内容は基本的に何でもあり。
食パンが浮いていたり、UFOが出てきたりと現実的には起こりえない(UFOはまだわからないけど)こともギャグにしていたりします。

お笑い系の本なので、笑いのツボが合わない人には厳しいかもしれません。軽く最初の内容を読んでみて、合いそうだったら購入してみるといいかも。基本的に最初のようなノリが延々と続きますので。

疲れていたりして、たまの息抜きにこういった本を読んで自分を癒やしてみてください。

Kindle版

書籍

スポンサーリンク

シェアする

フォローする