【感想】7つの習慣 著者:スティーブン・R・コヴィー

どうも、Averageです。

7つの習慣

『7つの習慣』を読み終えましたので、簡単に感想を。

自己啓発書として、すごいメジャーな一冊です。世界的にすごく売れている本ですが、確かに今までの自己啓発書としては違ってものすごく濃く深い内容になっていました。

7つの習慣は人間の成長をどのような習慣、プロセスで行うかを体系化された本です。

  1. 主体性を発揮する
  2. 目的を持って始める
  3. 重要事項を優先する
  4. Win-Winを考える
  5. 理解してから理解される
  6. 相乗効果を発揮する
  7. 刃を研ぐ

という7つの習慣です。

ちなみに習慣にも順番があり、1〜7の順番で行なっていくことが大切だそうです。

人間の成長には3段階があり、依存→自立→相互依存へと成長が進んでいきます。

1〜3の習慣を身につけることによって、依存から脱却し、自立への道を。
4〜6の習慣を身につけることによって、自立から相互依存への道を進んでいくことになります。
そして、7の習慣で自分の成長を止めずに高めていくことが大切だと説いています。

多くの自己啓発書との違いは、相互依存の考え方の部分でしょうか。多くの自己啓発書では依存から自立への道。そして、そのための思考法やテクニックが紹介されているものが多いです。また、自分が成功するための方法が描かれていたりします。

もちろん、それも大切です(本書にも私的成功という言葉で説明されている)が、大事なのはその後の公的成功という手を取り合って、さらなる成功を目指すことだと書かれています。

この点の考え方が理解はしていても改めて言葉で書き表されていて、スット自分の中に落とし込まれる点が本書のすごいところだなと感心しました。

自己成長、自己投資のための一冊として是非読んでみてください。

完訳 7つの習慣 人格主義の回復

スティーブン・R・コヴィー キングベアー出版 2013-08-30
売り上げランキング : 641

by ヨメレバ

スポンサーリンク

シェアする

フォローする