【感想】聲の形 著者:大今良時

どうも、Averageです。

聲の形

このマンガがすごい!2015のオトコ編で1位に選ばれた作品である『聲の形』を読み終えました。

kindle版

書籍

kindleで一気に読んでしまいました。

耳の聞こえないヒロインと、その女の子をいじめていた主人公の青春物語です。

私はあまりこういう日常系といいますか、青春物語とかそういった系のマンガは読まないのですが(バトル漫画系をよく読むので)、上記にあるようにこのマンガがすごい!で紹介されていたので、ミーハーっぷりを発揮して読んでみました。
kindleのいいところですぐにその場で買えて、読めてしまうのでほんとうに便利です。

読んでみた感想としては、綺麗に終わって非常に良かったです。
最初のほうはイジメや障害をテーマにしているので、その辺の展開が重ためです。
ヒロインをイジメてしまった過去を償うために、主人公がヒロインのために行動していく中で、昔の仲間や新しい仲間と成長していく辺りから惹きこまれていきました。

テーマが重たい感じだったのですが、最後のほうで綺麗にまとめて終わって良かったです。
中途半端にズルズル行くよりも、すっぱりと終わったのも好感できました。

実際にイジメられた人や障害者の方からすると、甘かったりぬるかったりする内容や終わり方かもしれませんけども。
私としてはこういう未来のある明るい終わり方で良かったと思います。
細かい内容は読んでみてください・・・とだけ。

全部で7巻までしかないので、ぜひ一気に読んでみてほしい作品です。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする